Yahoo!JAPANカードと楽天カードの違い 動産総合保険と海外旅行傷害保険

2017年6月10日

スポンサーリンク

keypencil_160613_01

 

Yahoo!JAPANカードと楽天カードを比べる

3種類のTカードプラスTポイントカードの違いファミマTカードで、Yahoo!JAPANカードのTポイント還元率が高いことに注目しました。

これと似た特徴を持つクレジットカードに、楽天カードがあります。TカードはTポイントが付きますが、楽天カードは楽天スーパーポイントが付きます。

普段よく利用する店舗では、どちらのポイントを貯めて使うことができるか?を基準にカードを選びましょう。

Yahoo!JAPANカードの特徴

Yahoo!JAPANカードは、

  • JCB、Visa、MasterCard加盟店で利用 → 1.0%
  • Tポイント提携先で利用 → 1.5%-2.0%
  • 電子マネーのTマネー利用時(カード裏面にTマネーに関する記載があるカード限定) → 0.25%
  • Yahoo!ショッピング、LOHACOで利用 → 3.0%
  • JCB → nanacoカードにクレジットチャージ
  • 家族カード → あり
  • ETCカード → 年会費500円と税金
  • 動産総合保険付帯 → 国内、海外でカードによるお買い物金額が税込10,000円以上の場合

楽天カードの特徴

楽天カードは、

  • JCB、Visa、MasterCard加盟店で利用 → 1.0%
  • 楽天ポイントカード加盟店で利用(楽天ポイントカード機能付きカード限定) → 3.0%
  • 電子マネーのEdy利用時(Edy機能付きカード限定) → 0.5%
  • 楽天市場で利用 → 4.0%
  • JCB → nanacoカードにクレジットチャージ
  • 家族カード → あり
  • ETCカード → 年会費500円と税金(ダイヤモンド・プラチナ会員、またはプレミアムカード保有で年会費無料)
  • 海外旅行傷害保険付帯 → 出国前に公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金をカードで支払った場合

「楽天カード」の他にも、楽天PINKカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカード、楽天カードアカデミー、楽天銀行カード、ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style…と種類が豊富です。

カードによって、家族カードが発行されなかったり、海外旅行保険が付帯しないことがあります。充実した機能がある楽天プレミアムカードは、動産総合保険、国内旅行傷害保険、国内・海外空港ラウンジ無料利用に対応しています。楽天スーパーポイントをEdyに換金したい時はEdy機能付きを選択するなど、申し込みの前には、生活に必要な機能が付いたカードを選びたいですね。

 

まとめ

Yahoo!ショッピング、LOHACOでお買い物して、Tポイント提携先でポイントを貯めて使いたい時は、Yahoo!JAPANカードが役立ちます。

楽天市場でお買い物して、楽天ポイントカード加盟店でポイントを貯めて使いたい時は、楽天カードは必携です。海外旅行に行く予定があるならば、保険付帯は嬉しいです。

どちらのカードもJCBであれば、nanacoにクレジットカードチャージできますので、コンビニエンスストアで公共料金をnanacoで支払う時は、ポイントを貯めることができます。