フジッコのクロクロモニターレビュー感想で黒豆ダイエット

2017年6月10日

スポンサーリンク

黒豆
黒豆 / Hirotaka Nakajima (nunnun)

 

畑の肉とも呼ばれる大豆。黒豆は大豆の品種です。おせち料理に甘い黒豆は定番ですね。

スーパーなどでは、甘く味付けされた煮豆としてみかけることが多いです。真空パックで包装されているものであれば、常温保存・調理不要・数回で食べきれるサイズになっていて、お気に入りの黒豆は、まとめ買いしています。

今まで、様々な会社の黒豆をいただいてきましたが、フジッコの黒豆は、やわらかさと味付けが好みで、20年以上リピート買いしています。

フジッコの黒豆クロクロを試食

長年、フジッコの黒豆に親しんできましたが、甘く味付けされたものでした。もちろん甘いもの好きにとっては嬉しい限り。

献立によっては、甘みを足したくないこともあります。甘くない調理済みの黒豆ってどんな味がするのかしら?と疑問でした。

そこで、87%の方がリピートする「食べる美容【フジッコのクロクロ】」を試食することにしました。味付けは、黒酢、りんご果汁、はちみつなんですね。

黒酢… 胃酸過多気味には酸味は大丈夫かなと不安ながらも注文してみました。

最初は酸味の強さに悩む

フジッコのクロクロを初めて注文しましたので、お試しセットということで6食分(70g×6)で926円と税金、送料無料でした。

同梱のパンフレットの一部。黒豆の写真です。

fujicco kurokuro beans

梱包状態は、少し太めのたまごケースをダンボールにしたような箱に入っていました。箱の内部は、1食分ずつ入れることができる合計6つのくぼみがあり、そこにゼリーのようなカップに入った黒豆が収まっていました。クロクロの説明冊子も入っていましたよ。

届いたその日の夕食に、1つ封を開けてみました。

「すっぱい!そのままでは食べられない。(悩)」というのが率直な感想です。

酸味を減らす工夫

とりあえず、この酸味をどうにかしなければと、カレーライス・野菜炒めに混ぜたりしてみました。

 

keypencil_160617_02

 

加熱すれば、味に変化が起きるのではないかと。結局、カレーと野菜が酸っぱくなってしまって(→原因は、私が味に敏感だからかもしれません。)、逆効果に。では、味が他の食品に移らないようにするにはどうしたらよいかと試行錯誤して、カリカリに煎るように焼いてみることにしました。

アルミホイルの上に、クロクロを乗せて、オーブントースターにイン。

しばらくすると、黒くこんがり焼き黒豆ができました。元々黒いので、あまり色の変化がわかりません。味見すると、若干酸味が残っているんですね。しかし、煮直したり、炒めたりするよりも焦げた風味が酸味を消しているような気がしました。

醤油をかけて、白米の上にかけていただくと、酸味が苦手でも気にならない味になりました。塩分多めになってしまいますが、白米のおかずとしては適度な塩気はおいしいですね。

クロクロの効果

クロクロに同梱の説明冊子には、黒豆と黒酢の特徴と長所について書かれてありました。

  • 食物繊維、鉄、イソフラボン、アントシアニン、ビタミンE、酢酸、アミノ酸、植物性タンパク質、カルシウムが入った健康食品であること。
  • 黒酢は、米酢と比べて多くのアミノ酸が含まれていること。
  • お酢で塩分と糖分を控えられること。
  • カルシウムとの相性がよいこと。
  • 食事の前にいただくと、満腹感が得られ、食事量を自然に減らせること。
  • 美容・健康・ダイエットに役立つこと。
  • 1日あたり1-2カップを目安に食べること。

↓フジッコの黒酢と黒豆でダイエット!というコンセプトのクロクロ。

健康によいということで、酸味に慣れながら、数日に1回のペースで1ヶ月かけていただきました。6食目の頃には、酸味はほとんど気にならなくなっていました。きゅうりの酢の物と、焼いたクロクロを交互に食べると、酢の物に深みが増しておいしく感じるんです。食後、翌日は胃もたれもなくすっきりとしていて、お肉料理の感じ方とは全く違うことに気が付きました。

クロクロ試食後、甘くない大豆も食べるようになる

クロクロを試食後、スーパーで買う大豆は、甘い黒豆に変わりありませんでした。ただ、甘くない大豆に興味をもつようになりまして、蒸しサラダ豆、蒸し大豆を購入してみました。

酸っぱくもなく甘くもなく、ほんのり塩味の下味が付いている味付け。カレーライスに混ぜたり、野菜炒めに混ぜたり、そのままサラダに和えたりしています。調理済みという点が特に気に入っていますので、タンパク質が不足気味の時には常備食になりました。黒豆と比べて、容量が多く、お値段も手頃です。

もちろん、長年リピートしている「甘さをひかえた北海道黒豆」も買っています。お菓子を買わない時は、この黒豆を数粒、口に入れるだけで満たされることもあります。お菓子で太ることを気にすることもありません。

まとめ

献立を立てる時に、一品足りないと感じることはありませんでしょうか。私は、主菜を少なめにして胃腸の負担を減らしていますので、副菜を少しずつバランスよくし、品数を多くしたいと思うことがよくあります。

しかし、調理の手間を考えると、一品でもおかずが増えると時間がかかったりしますよね。そのような時に、日持ちがする調理済みの大豆食品は本当に助かります。

馴染み深い甘い味付けの黒豆の他にも、クロクロのように黒酢の酸味を味わえるもの、サラダ豆のように好みの料理に混ぜて淡白な食感を楽しめるものなど、フジッコの大豆食品を積極的に食生活に取り入れることで、献立のバリエーションが広がりますね。

今夜のおかずは、黒豆とお蕎麦です。暑い季節にも、タンパク質を多めにヘルシーに。

87%の方がリピートする「食べる美容【フジッコのクロクロ】」