ポケモンGO人気→自動車のシャシーchassis AR(Augmented Reality)が進みますように

2017年6月10日

スポンサーリンク

fuel meter

自動車のボディ、特にフロントガラスの両サイドのシャシー部分があります。

クーペカブリオレではない限り、歩行者、信号などの道路情報を確認する時に、このシャシーが視界の妨げになります。シャシーに実際の風景を投影して、道路情報を多くしてほしいと日頃から願っています。

ポケモンGO人気で風景に情報を付加することに注目が集まっています。

これを機会に、自動車メーカー各社が、幅広い車種にシャシーのAR(Augmented Reality)を導入!という方向に向かえば、毎日の運転が快適になりそうですね。運転しなくても、車内が広く感じられて、気分が良さそうです。

それと、クラクションなど、自動車が発する全ての音を調音してほしいです。音の専門家ではありませんが、音が気になって、音の設計で車を選んだことがあります。楽器を作るように丁寧に作られてありました。ドアの閉まる音、エンジンをかけた時の音。全てに手を抜いていません。

毎日、顔を洗うように車の音を聞かなければならないので、音が耳に優しい車を買うことは、価値あるお買い物だと実感しました。

自動車を買う時に、何かに影響されることがあると思います。必需品として買わざるをえない時は、衝突実験、過去のデータ、トルク性能、エンジンのメーカーなど、わからないことをできるだけ知ってから買うようにします。営業トーク、イメージ、ストーリーが、フェイクか真実か難しいですね。買い手の属性によって、情報を選別していると感じたら、購入しません。

性別、家族構成、用途以外にも、自分だけの選択基準を持つようにしています。その結果、20代の時におすすめされた自動車は、30代で、やや余裕がある独身男性サラリーマンが乗るスポーツカーになりました。よくわかりませんが、企業の調査によって乗るべきと提示された自動車と、自分が乗りたい自動車はかけ離れているようです。

ユニバーサルデザインな乗り物とは…何なのでしょう。

ETCカードと運転免許証と車検証の、本人・車体識別の進化にも期待します。

最後に、おすすめの自動車と言いたいところですが、ほとんど製造中止になっています。パーツで気になるものは、フューエルキャップ。集めると切りがありません。デフォルトで満足です。


JAGUAR純正 XKR Xタイプ XF X351 フューエルキャップ C2C41355