かわいいキーホルダー型の電子マネー比較 Apple Payの他にNFC決済の魅力

2017年6月10日

スポンサーリンク

キーホルダー、ストラップ型の電子マネー。決済する快適さを実感しています。

電子マネーの他にも、現金、スマートフォン、クレジットカードがあります。デメリットをいえば、

  • 現金 → かさばる。
  • スマートフォン → 充電、ロック解除、機種変。
  • クレジットカード → 読み込む機械に通すのが他人、財布などのケースから出し入れ。

そこで、

キーホルダータイプのNFC決済は、以上のデメリットを解消してくれそうです。nanacoとQUICPayと楽天Edyの場合です。nanacoは前払い、QUICPayは後払いの電子マネー。Edyは前払いですが、支払いと同時にチャージもできます(オートチャージ)。


nanaco

nanacoフィギュアsplatoon2(2017年09月28日予約発売日)

セブンイレブンで購入できる、スプラトゥーン2のイカフィギュアキーホルダー。キリンのnanacoがイカになります。ぷくっと厚みがあって、探しやすく持ちやすい形。

スピードパスプラスnanaco

Esso、Mobil、ゼネラルのガソリンスタンドで申し込みできます。ガソリン・軽油1リットルにつきnanacoポイントが1ポイント貯まるので、頻繁に給油する際は持っていて損はなさそうです。給油以外のコンビニなどの店舗でも使えます。

Esso、Mobil、ゼネラルのスピードパスプラスnanaco説明ページ


QUICPay

QUICPayの申し込みには、対応するクレジッドカードの契約が必須です。

QUICPay for ディズニー★JCBカード

ディズニー★JCBカード会員専用のキーチェーン。シルエットがディズニーの代表的なマウスです。革素材のような見た目なので、高級感があります。動画の1分26秒から説明が始まります。

QUICPay for ディズニー★JCBカードの申し込みページ

スピードパスプラス

スピードパスプラスnanaco同様に、Esso、Mobil、ゼネラルのガソリンスタンドの給油時に使えます。QUICPay対応のお店でも使えます。

Esso、Mobil、ゼネラルのスピードパスプラス説明ページ

QUICPayコイン

コイン型のQUICPay。クレジットカードの種類が限定されますので、下記の申し込みページから申請するとわかりやすいです。

QUICPayコインの申し込みページ

コインの形をしているので、別売りのキーホルダー型ケースに入れることができます。500円硬貨入れの大きさのケースは、Amazon、minnne、Creemaなどで販売されています。ケースをカスタマイズできます。

こちらのコインケース。QUICPayコインがかわいいキーホルダーに。


QUICPayとnanaco

ANA QUICPay+nanaco

QUICPayとnanacoを1つの電子マネーで併用したい時に使えるのが、ANA QUICPay+nanaco。ANA国内線で予約・購入・座席指定を済ませると、搭乗手続きをせずに、直接保安検査場に進めます。

ANA QUICPay+nanacoの申し込みページ


楽天Edy

楽天Edy対応のお店で使えます。

キャラクター楽天Edyストラップ

リラックマです。紐タイプなので、軽いですし、他のものを傷つけないかもしれません。リラックマとは別に、チェック柄、ボーダー柄もあります。


新発売★リラックマが楽天Edyストラップに!【楽天スーパーポイントが貯まる】キャラクター楽天Edyストラップ(リラックマ)


まとめ

電子マネーのチャージにクレジットカードを使うと、ポイントが2重に貯まってオトクなこともあります。電子マネーの発行手数料、クレジットカードの年会費、ポイント還元率、よくお買い物する場所で電子マネーが使えるかどうかを総合的に比較して、キーホルダー、ストラップ型の電子マネーを選んでみたいです。