ショッピングカート選びの基準と機能。購入条件、決済方法、評価は自動処理が理想

2018年2月9日

スポンサーリンク

ショッピングカートを選ぶ基準

ショッピングカート、わかりにくいと購入に至らなかったり、未払いのまま放置されることがあります。

決済エラーになり、その都度、購入者とやりとりするのは時間がかかる上に、スムーズにお買い物ができないストレスを与えます。

独断ですが、ショッピングカートこれあったらいいな、これなくてもいいな機能をまとめてみました。

どうしても必要なカートの機能

  • 決済エラー時に、完全に解決できる手段がある。
  • 支払いが全て済んだ瞬間がわかりやすい。
  • 送料計算と配送方法を細かく設定できる。
  • 在庫管理が一括でできる。
  • 販売予定の商品数に上限がなく月額料金無料。
  • 決済手段と決済手数料を選べる。
  • 購入者情報は自動入力。
  • 画面サイズに合わせてカスタマイズできる。
  • 検索対策できる。
  • 特定商取引法の記入の柔軟性。
  • 購入前の事前交渉なしに気兼ねなく購入できる。
  • 複数の商品をカートに入れるだけで送料が自動計算される。
  • ショップ運営用のアプリがある。

あったらうれしい機能

  • 独自ドメインでSSL設定が無料。
  • 会員機能、ポイント付与システム。
  • 商品画像の圧縮劣化低減。
  • 顧客情報ダウンロード。
  • 任意の顧客に一斉にメールを送信できるツール。
  • 購入後の御礼メールを自動送信。
  • 管理画面で迷わなくてもよいメニューの配置。
  • 大手ポイントシステムを導入できる。
  • Amazon Pay を導入できる。

あってもなくてもよい機能

  • SNS拡散ボタン
  • 購入前申請

進化待ちの機能

  • レビュー機能
  • 匿名配送

「個人の情報がタイルのひとつみたいにわかるようでわかりにくくなってほしい。」

どこのカートとは名指ししません。フリマ、オークションも含めて既存の機能をゆるく、挙げました。

クレジットカードを用意して数字を入力しないようにしていきたいです。記憶された何かからデータをひっぱってきて、自動入力で、注文ボタン押して、届くの待つだけにならないかなと。

届けてほしい住所データとクレジットカード情報をどこに預けているか?このデータを自動入力できて、注文する最後のボタンの前で全ての支払いが済むことが理想です。

今はAmazon Payが最も有力なのかしら。導入コストを考えると、小さな個人経営では敷居が高いかもしれません。

買う前に暗黙の交渉ルールがあるところでは買いたくないので(個人的には)、販売する側だとしたらそういう場所は避けます。

交渉を少なく、決済時は文字入力せず、ボタン押したら発送、到着。ショッピングカート選びは、意外にシンプルです。

補足: 進化待ちのレビュー機能は、レビューしなくても信頼できることを示す仕組みにしてほしい。考えて書き込まなくてもよいように。感情を計測してグラフ化するとか。匿名配送は、住所という概念がもっとプライバシーに守られた空間になればと思います。住所を特定できるのは個人間ではなくなるようになるとか。想像の世界。